7月 29 2017

派遣が多いエンジニアという働き方

エンジニアは企業のシステムを維持する為の大切な職業であり、開発も行っていますがその中でもシステムエンジニアが最も多いです。

システムエンジニアは企業で使われるシステムのプログラム作成、維持管理を行い業務内容は納期に沿って分けて作成しまとめていきます。

その為技術力が低いエンジニアでも数を確保する事で1つのシステムを成立させる事が出来るようになっており、その為派遣のエンジニアも多いです。

自社エンジニアとして勤務する会社のシステム管理のみを勤務としている場合もありますが、こちらは少なめな傾向にあります。

タマディックなどは代表的な派遣をしている企業であり、多くの企業にエンジニアを派遣しています。

その為タマディックに勤務したエンジニアは様々な企業への出向を経て、多くの経験を積んでいく事になります。

派遣が多いエンジニアですので、勤務先の企業の業務や人間関係などがやりがいや仕事内容に直結します。

開発など好きなジャンルを希望して派遣先を選ぶ事は可能ですが、実際に勤務をしてみないとわからない場合も多く、トップメーカーに派遣として行く場合もあれば地方へ派遣される場合もあります。

ですがエンジニアがものづくりの最先端で活躍する職種ですので、需要も高く活躍が見込まれる職業です。

注目記事:2017年下半期の転職市場予測――上半期に続いて増加傾向 – MONOist(モノイスト)

仕事として需要がなくなる事はまずありませんので、将来的な仕事として考え技術を磨いていくのも良いかもしれませんね。

就職先の企業を決める際はどういったキャリアを積んでいきたいか、そこからまず考えて行動しましょう。